着付けに関する情報が満載です!

このサイトでは着付けの習い事をするなら知っておきたい、様々な用語についてご紹介しています。
「引き染め」とは何かをはじめ、「畳紙」や「伊達襟」、さらには「ちりめん」や「道中着」などまで、知っているようで知らないことも多いこれらの特徴を解説しているサイトです。
普段あまり着ないことも多いため、分からないことも多い着物の着方を習うのであればこのような知識を知っておくと役に立つ可能性があるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

着付けの習い事をするなら知っておきたい「引き染め」とは

着付けの習い事をするなら知っておきたい「引き染め」とは 美しい着物に魅力を感じて、習い事で着付けをはじめようと考えている人もいるでしょう。
着物に使われている生地の染色技法には様々なものがありますが、その1つには「引き染め」と呼ばれるものがあります。
一般的な生地を染めるための方法には、浴染法という染料が含まれている液に生地を浸して染めるというものがあります。
しかしそれに対して引き染めは、刷毛を使って染料を布に付けて色を付けるというものです。
色は均一に付けたり部分的にぼかして付けたりすることもあります。
長い生地の両端を引っ張って伸ばし、染色するのも特徴の1つです。
着付けの習い事をしていると、このような引き染めによって染色された着物を扱う機会もあるでしょう。

着付けや染め替えの習い事で知識を付けよう

着付けや染め替えの習い事で知識を付けよう 日本人として生まれてきた以上、民族衣装である着物を上手に着付ける方法は最低限身に付けておきたいところでしょう。
代々伝わる家宝のような着物が箪笥の奥深くに眠っている家庭も多く、辿ってきた歴史や思い入れの深い着物を受け継ぐことだってあり得ます。
そんなとき、何も知識がないままでは格好がつかないので注意しなければなりません。
大切に扱わなければならない着物ですが、長年使用していない状態だとお直しが必要な場合があります。
ほんの少し色褪せている程度なら問題はないですが、見るからに色味が薄まっていて全体的に汚れも目立っているのであれば、思い切って染め替えをしてしまう方がいいかもしれません。
染め替えとは、生地を傷めつけないように特別な薬品を使用して色抜きを行い、引き初めで元の色をできるかぎり再現して染め直す作業のことを言います。
大きなシミなどができている場合にも効果的なお直し方法なので、気になる方は専門店に相談して直してもらいましょう。
また、着物のマナーや着付け方法をしっかりと学びながら、自分である程度の染め替え作業を行えるように指導してくれる習い事の教室も存在しているので、知識を身に付けたい人は積極的に習い事教室に通ってみることをおすすめします。

おすすめの着付け情報サイト

着付け教室は三宮

新着情報

◎2020/10/28

知っておきたい「ちりめん」とは
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「習い事 日本」
に関連するツイート
Twitter